Q.アダリムマブBS「第一三共」の禁忌内容とその理由を教えてください。

A.

●禁忌
1.重篤な感染症(敗血症等)の患者さん[症状を悪化させるおそれがあります。]
2.活動性結核の患者さん[症状を悪化させるおそれがあります。]
3.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者さん
アナフィラキシー等の重篤なアレルギー反応があらわれることがあります。
4.脱髄疾患(多発性硬化症等)及びその既往歴のある患者さん[症状の再燃及び悪化のおそれがあります。]
5.うっ血性心不全の患者さん
本剤はうっ血性心不全患者さんを対象とした臨床試験を実施していませんが、本剤投与下でうっ血性心不全の悪化が報告されています。また、他の抗TNF製剤におけるうっ血性心不全を対象とした臨床試験では、心不全症状の悪化、死亡率の上昇が報告されています。

〈解説〉
1.敗血症等の症状を悪化させるおそれがあるため、本剤を投与しないでください。
2.活動性結核の症状を悪化させるおそれがあるため、本剤を投与しないでください。
3.本剤はヒト化マウスモノクローナル抗体であり、CHO細胞を用いていることから、過敏症の既往のある患 者ではその成分に対する抗体が存在する可能性があります。投与前に十分な問診を行い、過去に本剤の成分を 含む製剤における過敏症の既往歴がないかを確認する必要があります。
4.脱髄疾患の症状の再燃や悪化のおそれがあるため、本剤を投与しないでください。
5.うっ血性心不全の患者を対象とした類薬の臨床試験において、心不全の悪化が認められています。

引用文献:
アダリムマブBS「第一三共」 インタビューフォーム

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

関連がある質問