Q.肝機能障害患者さんにアダリムマブBS「第一三共」を投与する場合の注意点、用法及び用量を教えてください。

A.

●肝機能障害患者さんに投与する場合の注意
〇B型肝炎ウイルスキャリアの患者さん又は既往感染の患者さんに投与する場合の注意
肝機能検査値や肝炎ウイルスマーカーのモニタリングを行うなど、B型肝炎ウイルスの再活性化の徴候や症状の発現に注意してください。本剤を含む抗TNF製剤を投与されたB型肝炎ウイルスキャリアの患者さん又は既往感染の患者さんにおいて、B型肝炎ウイルスの再活性化が認められ、致命的な例も報告されています。なお、これらの報告の多くは、他の免疫抑制作用をもつ薬剤を併用投与した患者さんに起きています。

●用法及び用量
肝機能を指標とした用法及び用量は設定しておりません。
用法及び用量のとおり、ご使用ください。

引用文献:
アダリムマブBS「第一三共」 添付文書

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

関連がある質問