アーチスト錠に関するお知らせ

警告と禁忌について

警告

慢性心不全患者に使用する場合には、慢性心不全治療の経験が十分にある医師のもとで使用すること。

禁忌(次の患者には投与しないこと)

  • 1.気管支喘息、気管支痙攣のおそれのある患者[気管支筋を収縮させることがあるので喘息症状の誘発、悪化を起こすおそれがある。]
  • 2.糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある患者[心筋収縮力の抑制が増強されるおそれがある。]
  • 3.高度の徐脈(著しい洞性徐脈)、房室ブロック(II、III度)、洞房ブロックのある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 4.心原性ショックの患者[循環不全症が悪化するおそれがある。]
  • 5.強心薬又は血管拡張薬を静脈内投与する必要のある心不全患者[心収縮力抑制作用により、心不全が悪化するおそれがある。]
  • 6.非代償性の心不全患者[心収縮力抑制作用により、心不全が悪化するおそれがある。]
  • 7.肺高血圧による右心不全のある患者[心拍出量が抑制され症状が悪化するおそれがある。]
  • 8.未治療の褐色細胞腫の患者(「用法・用量に関連する使用上の注意」の項参照:添付文書を参照)
  • 9.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照:添付文書を参照)
  • 10.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能又は効果

  • ○本態性高血圧症(軽症~中等症)
  • ○腎実質性高血圧症
  • ○狭心症
  • ○次の状態で、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、利尿薬、ジギタリス製剤等の基礎治療を受けている患者
    虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全
  • ○頻脈性心房細動