1. ホーム
  2. 製品情報
  3. ボスミン注1mg

製品情報 ボスミン注1mg アドレナリン


ボスミン注1mg

製品資料

製品資料(外部サイト)

  • くすりのしおり(英文)

製品に関するお知らせ

『使用上の注意』改訂・解説等(再審査・再評価結果/適正使用のお願い/投薬期間制限解除 等)

このページのトップへ

この製品について

禁忌
(次の患者には投与しないこと)
  • 次の薬剤を投与中の患者(「相互作用」の項参照:添付文書を参照)
    (1)ブチロフェノン系・フェノチアジン系等の抗精神病薬、α遮断薬(ただし、アナフィラキシーショックの救急治療時はこの限りでない。)
    (2)イソプレナリン塩酸塩等のカテコールアミン製剤、アドレナリン作動薬(ただし、蘇生等の緊急時はこの限りでない。)
  • 狭隅角や前房が浅いなど眼圧上昇の素因のある患者(点眼・結膜下注射使用時)[閉塞隅角緑内障患者の発作を誘発することがある。]
原則禁忌
(次の患者には投与しないことを原則とするが、特に必要とする場合には慎重に投与すること)
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 交感神経作動薬に対し過敏な反応を示す患者[アドレナリン受容体が本剤に対し高い感受性を示すおそれがある。]
  • 動脈硬化症の患者[本剤の血管収縮作用により、閉塞性血管障害が促進され、冠動脈や脳血管等の攣縮及び基質的閉塞があらわれるおそれがある。]
  • 甲状腺機能亢進症の患者[甲状腺機能亢進症の患者では、頻脈、心房細動がみられることがあり、本剤の投与により悪化するおそれがある。]
  • 糖尿病の患者[肝におけるグリコーゲン分解の促進や、インスリン分泌の抑制により、高血糖を招くおそれがある。]
  • 心室性頻拍等の重症不整脈のある患者[本剤のβ刺激作用により、不整脈を悪化させるおそれがある。]
  • 精神神経症の患者[一般に交感神経作動薬の中枢神経系の副作用として情緒不安、不眠、錯乱、易刺激性及び精神病的状態等があるので悪化するおそれがある。]
  • コカイン中毒の患者[コカインは、交感神経末端でのカテコールアミンの再取り込みを阻害するので、本剤の作用が増強されるおそれがある。]
効能・効果
  • ○下記疾患に基づく気管支痙攣の緩解
      気管支喘息、百日咳
    ○各種疾患もしくは状態に伴う急性低血圧又はショック時の補助治療
    ○局所麻酔薬の作用延長
    ○手術時の局所出血の予防と治療
    ○心停止の補助治療
    ○虹彩毛様体炎時における虹彩癒着の防止
用法・用量
  • [気管支喘息及び百日咳に基づく気管支痙攣の緩解、各種疾患もしくは状態に伴う
    急性低血圧又はショック時の補助治療、心停止の補助治療]
  • アドレナリンとして、通常成人1回0.2~1mg(0.2~1mL)を皮下注射又は筋肉内注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
    蘇生などの緊急時には、アドレナリンとして、通常成人1回0.25mg(0.25mL)を超えない量を生理食塩液などで希釈し、できるだけゆっくりと静注する。なお、必要があれば5~15分ごとにくりかえす。
  • [局所麻酔薬の作用延長]
  • アドレナリンの0.1%溶液として、血管収縮薬未添加の局所麻酔薬10mLに1~2滴(アドレナリン濃度1:10~20万)の割合に添加して用いる。なお、年齢、症状により適宜増減する。
  • [手術時の局所出血の予防と治療]
  • アドレナリンの0.1%溶液として、単独に、又は局所麻酔薬に添加し、局所注入する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
  • [虹彩毛様体炎時における虹彩癒着の防止]
  • アドレナリンの0.1%溶液として、点眼するか又は結膜下に0.1mg(0.1mL)以下を注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
薬効分類名
一般名 アドレナリン
pH 2.3~5.0
浸透圧比
(生理食塩液対比)
約1
外観 無色澄明の液
取り扱い上の注意事項
規制区分 劇薬、処方箋医薬品
貯法 しゃ光保存、室温保存
使用期限(有効期間) 3年
備考

このページのトップへ

承認/薬価基準収載情報

承認年月 2009.06.26
承認番号 22100AMX01195
薬価基準収載年月日 1950.09.01
薬価 92.00
発売年月日 2009.09
再審査結果通知年月日
再評価結果通知年月日 1986.12.03/1998.03.12/1999.03.03

このページのトップへ

製品コード

規格単位
薬価基準収載
医薬品コード
2451400A1013 レセプト電算
処理コード
620517902
日本標準商品
分類番号
872451 識別コード
包装容量[1mL×10アンプル]
統一商品コード 081105083  
販売包装
単位コード
(GS1 Databar)
14987081105080
調剤包装
単位コード
(GS1 Databar)
04987081745654
元梱包装
単位コード
24987081105087 HOTコード
(13桁)
1051797020103
包装容量[1mL×20アンプル]
統一商品コード 081105090  
販売包装
単位コード
(GS1 Databar)
14987081105097
調剤包装
単位コード
(GS1 Databar)
04987081745654
元梱包装
単位コード
24987081105094 HOTコード
(13桁)
1051797020104
コード一覧
すべての製品のコード一覧をダウンロードしてご利用いただけます。

このページのトップへ

ADOBE READER
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。

お問い合わせ(医療関係者の皆さま)

製品情報センター

0120-189-132

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7183 FAX:03-6225-1922

がん・医療用麻薬専用

0120-065-132

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7162 FAX:03-6225-1922

夜間・休日 緊急時のお問い合わせ
製品情報センター受付時間外の緊急性を要するお問い合わせ

0120-088-132

日本中毒情報センター第一三共受付

受付時間:平日午後5時30分~翌午前9時00分及び土、日、祝日、当社休日

製品に関するお問い合わせ / 医療関係者の皆さま

製品情報センター

0120-189-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7183
FAX:03-6225-1922

受付時間:
平日午前9時00分~午後5時30分
(土、日、祝日、当社休日除く)

がん・医療用麻薬専用

0120-065-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7162
FAX:03-6225-1922

受付時間:
平日午前9時00分~午後5時30分
(土、日、祝日、当社休日除く)


夜間・休日 緊急時のお問い合わせ / 製品情報センター受付時間外の緊急性を要するお問い合わせ

0120-088-132

日本中毒情報センター第一三共受付

受付時間:
平日午後5時30分~翌午前9時00分
及び土、日、祝日、当社休日

第一三共TV

会員登録で医療の最新ニュースから
良質なコンテンツまで
ご覧いただけます。
Medical Libraryは会員登録を行わなくても、国内の医療関係者様(医師、歯科医師、薬剤師、看護師等)を対象に、医療用医薬品を適正にご使用いただくための情報がご覧いただけます。 さらに、会員登録いただいた皆さまには「麻薬」に関する情報のほか、会員様限定の最新の医療情報に関するコンテンツを多数ご用意しています。
いますぐ新規会員登録

このページのトップへ