ボスミン外用液0.1%に関するお知らせ

『使用上の注意』改訂・解説等(再審査・再評価結果/適正使用のお願い/投薬期間制限解除 等)

包装変更その他(新発売/販売中止/販売名変更/その他)

警告と禁忌について

禁忌(次の患者には投与しないこと)

  • 1.次の薬剤を投与中の患者(「相互作用」の項参照:添付文書を参照)
    (1)ブチロフェノン系・フェノチアジン系等の抗精神病薬、α遮断薬
    (2)イソプレナリン塩酸塩等のカテコールアミン製剤、アドレナリン作動薬(ただし、緊急時はこの限りでない。)
  • 2.狭隅角や前房が浅いなど眼圧上昇の素因のある患者(眼周囲部等に用いる場合)[閉塞隅角緑内障患者の発作を誘発することがある。]

効能・効果

  • ○下記疾患に基づく気管支痙攣の緩解
      気管支喘息、百日咳
    ○局所麻酔薬の作用延長(粘膜面の表面麻酔に限る)
    ○手術時の局所出血の予防と治療
    ○耳鼻咽喉科領域における局所出血
    ○耳鼻咽喉科領域における粘膜の充血・腫脹
    ○外創における局所出血

用法・用量

  • [気管支喘息及び百日咳に基づく気管支痙攣の緩解]
    通常5~10倍に希釈して吸入する。この場合、1回の投与量はアドレナリンとして0.3mg以内とすること。2~5分間たって効果が不十分な場合でも、前記の投与をもう一度行うのを限度とする。続けて用いる必要がある場合でも、少なくとも4~6時間の間隔をおくこと。
  • [局所麻酔薬の作用延長]
    血管収縮薬未添加の局所麻酔薬10mLに1~2滴(アドレナリン濃度1:10~20万)の割合に添加して用いる。
  • [手術時の局所出血の予防と治療、耳鼻咽喉科領域における局所出血、耳鼻咽喉科領域における粘膜の充血・腫脹、外創における局所出血]
    通常本剤(アドレナリン0.1%溶液)をそのままか、あるいは5~10倍希釈液を、直接塗布、点鼻もしくは噴霧するか、又はタンポンとして用いる。

「ボスミン外用液0.1%」の基本情報

薬効分類名
一般名 アドレナリン
pH 2.3~5.0
外観など 無色~わずかに赤色を帯びた澄明の液

取り扱い上の注意事項

規制区分
貯法 しゃ光保存、室温保存
使用期限(有効期間) 3年
備考

承認/薬価基準収載情報

承認年月 2009.06.26
承認番号 22100AMX01294
薬価基準収載年月日 1950.09.01
薬価 12.00
発売年月日 2009.09
再審査結果通知年月日
再評価結果通知年月日 1986.12.03/1998.03.12/1999.03.03

製品コード

規格単位

薬価基準収載
医薬品コード
2451700Q1016 レセプト電算
処理コード
620518102
日本標準商品
分類番号
872451 識別コード

包装容量[100mL]

統一商品コード 081105069  
販売包装
単位コード
(GS1 Databar)
14987081105066 調剤包装
単位コード
(GS1 Databar)
04987081745685
元梱包装
単位コード
24987081105063 HOTコード
(13桁)
1051810020102

包装容量[500mL]

統一商品コード 081105076  
販売包装
単位コード
(GS1 Databar)
14987081105073 調剤包装
単位コード
(GS1 Databar)
04987081745715
元梱包装
単位コード
24987081105070 HOTコード
(13桁)
1051810020202
コード一覧
すべての製品のコード一覧をダウンロードしてご利用いただけます。

添付文書一括ダウンロード

こちらから製品の添付文書をまとめてダウンロードしてご利用いただけます。

お問い合わせ(医療関係者の皆さま)

製品情報センター

0120-189-132

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7183 FAX:03-6225-1922

がん・医療用麻薬専用

0120-065-132

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7162 FAX:03-6225-1922

夜間・休日 緊急時のお問い合わせ/製品情報センター受付時間外の緊急性を要するお問い合わせ

0120-088-132

日本中毒情報センター第一三共受付

受付時間:平日午後5時30分~翌午前9時00分及び土、日、祝日、当社休日