1. ホーム
  2. 製品情報
  3. カルバマゼピン錠100mg「フジナガ」

製品情報 カルバマゼピン錠100mg「フジナガ」 カルバマゼピン


カルバマゼピン錠100mg「フジナガ」

製品資料

製品資料(外部サイト)

  • くすりのしおり(英文)

この製品について

禁忌
(次の患者には投与しないこと)
  • 本剤の成分又は三環系抗うつ剤に対して過敏症の既往歴のある患者
  • 重篤な血液障害のある患者[副作用として血液障害が報告されており、血液の異常をさらに悪化させるおそれがある。]
  • 第2度以上の房室ブロック、高度の徐脈(50拍/分未満)のある患者[刺激伝導を抑制し、さらに高度の房室ブロックを起こすことがある。]
  • ボリコナゾール、タダラフィル(アドシルカ)、リルピビリンを投与中の患者[これらの薬剤の血中濃度が減少するおそれがある。](「相互作用」の項参照:添付文書を参照)
  • ポルフィリン症の患者[ポルフィリン合成が増加し、症状が悪化するおそれがある。]
効能・効果
  • 精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんのけいれん発作:強直間代発作(全般けいれん発作、大発作)
  • 躁病、躁うつ病の躁状態、統合失調症の興奮状態
  • 三叉神経痛
用法・用量
  • 1. 精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんのけいれん発作:強直間代発作(全般けいれん発作、大発作)の場合
      カルバマゼピンとして通常、成人には最初1日量200~400mgを1~2回に分割経口投与し、至適効果が得られるまで(通常1日600mg)徐々に増量する。症状により1日1,200mgまで増量することができる。小児に対しては、年齢、症状に応じて、通常1日量100~600mgを分割経口投与する。
  • 2. 躁病、躁うつ病の躁状態、統合失調症の興奮状態の場合
      カルバマゼピンとして通常、成人には最初1日量200~400mgを1~2回に分割経口投与し、至適効果が得られるまで(通常1日600mg)徐々に増量する。症状により1日1,200mgまで増量することができる。
  • 3. 三叉神経痛の場合
      カルバマゼピンとして通常、成人には最初1日量200~400mgからはじめ、通常1日600mgまでを分割経口投与するが、症状により1日800mgまで増量することができる。小児に対しては、年齢、症状に応じて適宜減量する。
薬効分類名 向精神作用性抗てんかん剤
躁状態治療剤
一般名 カルバマゼピン
剤形 素錠
白色
外形 カルバマゼピン錠100mg「フジナガ」
直径(mm)
8.0
厚さ(mm)
3.1
重さ(mg)
140
取り扱い上の注意事項
規制区分 処方箋医薬品
貯法 しゃ光保存、室温保存
使用期限(有効期間) 3年
備考

このページのトップへ

承認/薬価基準収載情報

承認年月 2015.02.12
承認番号 22700AMX00174
薬価基準収載年月日 2015.06.19
薬価 5.60
発売年月日 1998.09.01
再審査結果通知年月日
再評価結果通知年月日

このページのトップへ

製品コード

規格単位
薬価基準収載
医薬品コード
1139002F2050 レセプト電算
処理コード
620063201
日本標準商品
分類番号
871139 871179 識別コード L100
包装容量[100錠(PTP)]
統一商品コード 081103621  
販売包装
単位コード
(GS1 Databar)
14987081103628
調剤包装
単位コード
(GS1 Databar)
04987081714223
元梱包装
単位コード
24987081103625 HOTコード
(13桁)
1006322010204
包装容量[1,000錠(PTP)]
統一商品コード 081103645  
販売包装
単位コード
(GS1 Databar)
14987081103642
調剤包装
単位コード
(GS1 Databar)
04987081714223
元梱包装
単位コード
24987081103649 HOTコード
(13桁)
1006322010203
包装容量[1,000錠(瓶)]
統一商品コード 081103669  
販売包装
単位コード
(GS1 Databar)
14987081103666
調剤包装
単位コード
(GS1 Databar)
04987081714247
元梱包装
単位コード
24987081103663 HOTコード
(13桁)
1006322010103
包装容量[500錠(プラスチック製瓶)]
統一商品コード 081103652  
販売包装
単位コード
(GS1 Databar)
14987081103659
調剤包装
単位コード
(GS1 Databar)
04987081714230
元梱包装
単位コード
24987081103656 HOTコード
(13桁)
1006322010301
コード一覧
すべての製品のコード一覧をダウンロードしてご利用いただけます。

このページのトップへ

ADOBE READER
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。

お問い合わせ(医療関係者の皆さま)

製品情報センター

0120-189-132

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7183 FAX:03-6225-1922

がん・医療用麻薬専用

0120-065-132

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7162 FAX:03-6225-1922

夜間・休日 緊急時のお問い合わせ
製品情報センター受付時間外の緊急性を要するお問い合わせ

0120-088-132

日本中毒情報センター第一三共受付

受付時間:平日午後5時30分~翌午前9時00分及び土、日、祝日、当社休日

製品に関するお問い合わせ / 医療関係者の皆さま

製品情報センター

0120-189-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7183
FAX:03-6225-1922

受付時間:
平日午前9時00分~午後5時30分
(土、日、祝日、当社休日除く)

がん・医療用麻薬専用

0120-065-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7162
FAX:03-6225-1922

受付時間:
平日午前9時00分~午後5時30分
(土、日、祝日、当社休日除く)


夜間・休日 緊急時のお問い合わせ / 製品情報センター受付時間外の緊急性を要するお問い合わせ

0120-088-132

日本中毒情報センター第一三共受付

受付時間:
平日午後5時30分~翌午前9時00分
及び土、日、祝日、当社休日


このページのトップへ