Q.クラビット点滴静注の投与期間を教えてください。

A.

クラビット点滴静注の投与期間については、耐性菌の発現等を防ぐため、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめてください。なお、長期投与が必要となる場合には、経過観察を十分に行ってください 1)

「腸チフス・パラチフス」及び「炭疽」については、添付文書からご紹介します。

●腸チフス・パラチフス
レボフロキサシンとして(経口剤に切り替えた場合には経口剤の投与期間も含め)14日間投与してください 1)

●炭疽
炭疽の発症及び進展の抑制には、欧州医薬品庁(EMA)が60日間の投与を推奨しています。症状が緩解した場合には、経口投与に切り替えてください 1)

引用文献:
1)クラビット点滴静注 添付文書

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

関連がある質問