Q.クラビット点滴静注のワンショット静注について教えてください。

A.

ワンショット静注は、クラビット点滴静注の承認された用法ではありません。

静脈内に急速投与した場合の安全性は確認されていないので、必ず点滴静注で使用してください。
なお、クラビット点滴静注の点滴時間については、非臨床成績からレボフロキサシン静脈内急速投与により低血圧を引き起こす可能性が否定できないこと、また海外での臨床実績として約60分間点滴静注で重大な問題が報告されていなかったことから、約60分間かけて緩徐に点滴静注することとしました 1)

引用文献:
1)クラビット点滴静注 インタビューフォーム

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。