Q.食事によってクラビット錠・細粒の薬物動態は影響を受けますか?

A.

食事の影響について、レボフロキサシン500mg単回投与時の薬物動態パラメータ(空腹時)と、レボフロキサシン反復投与1日目の薬物動態パラメータ(食後30分)を比較することにより、日本人における食事の影響を検討した結果、食後のCmax及びAUC0-24hrとも大きな影響を受けませんでした。(表)


レボフロキサシン500mg経口投与時の薬物動態パラメータに与える食事の影響
Cmax
(µg/mL)
AUC0-24hr
(µg・hr/mL)
Tmax
(hr)
空腹時 a) 7.35 ± 2.21 52.03 ± 8.79 1.44 ± 0.73
食後30分 b) 6.02 ± 1.04 43.36 ± 3.76 1.72 ± 0.83
(n=9、mean±SD)
a)単回投与時    b)反復投与 1 日目
(社内資料)

引用文献:
クラビット錠・細粒 インタビューフォーム

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。