Q.クラビット錠・細粒と「アルミニウム又はマグネシウム含有の制酸薬等、鉄剤」の併用について教えてください。

A.

アルミニウム又はマグネシウム含有の制酸薬等、鉄剤は、併用注意に該当します。
これらの薬剤とキレートを形成し、クラビットの吸収が低下すると考えられています。
クラビットの効果が減弱されるおそれがありますので、これらの薬剤はクラビット投与から1~2時間後に投与してください 1)

参考ですが、レボフロキサシン100mgと水酸化アルミニウム、酸化マグネシウム、硫酸鉄との併用により、レボフロキサシン100mg単独投与と比較し、血中濃度及び尿中排泄が有意に低下しました 2)

●併用時におけるレボフロキサシンのCmax、AUCへの影響について
・酸化マグネシウム(500mg)併用
 Cmax:38%低下
 AUC0-∞:22%低下
・水酸化アルミニウム(1g)併用
 Cmax:65%低下
 AUC0-∞:44%低下
・硫酸鉄(160mg)併用
 Cmax:45%低下
 AUC0-∞:19%低下

※ 100mgはクラビット錠・細粒の承認された用量ではありません。

引用文献:
1)クラビット錠・細粒 添付文書
2)Shiba K, et al.:Antimicrob Agents Chemother 1992;36(10):2270-2274

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。