クラビット点滴に関するお知らせ

『使用上の注意』改訂・解説等(再審査・再評価結果/適正使用のお願い/投薬期間制限解除 等)

警告と禁忌について

禁忌(次の患者には投与しないこと)

  • 1.本剤の成分又はオフロキサシンに対し過敏症の既往歴のある患者
  • 2.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照:添付文書を参照)
  • 3.小児等(「小児等への投与」及び「その他の注意」の項参照:添付文書を参照)

ただし、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び小児等に対しては、炭疽等の重篤な疾患に限り、治療上の有益性を考慮して投与すること。

効能・効果

〈適応菌種〉
レボフロキサシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、炭疽菌、大腸菌、チフス菌、パラチフス菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、ペスト菌、インフルエンザ菌、緑膿菌、アシネトバクター属、レジオネラ属、ブルセラ属、野兎病菌、ペプトストレプトコッカス属、プレボテラ属、Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)、トラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)、肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)

〈適応症〉
外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、腹膜炎、胆嚢炎、胆管炎、腸チフス、パラチフス、子宮内感染、子宮付属器炎、炭疽、ブルセラ症、ペスト、野兎病、Q熱

用法・用量

通常、成人にはレボフロキサシンとして1回500mgを1日1回、約60分間かけて点滴静注する。

「クラビット点滴静注バッグ500mg/100mL」の基本情報

薬効分類名 ニューキノロン系注射用抗菌製剤
一般名 レボフロキサシン水和物
pH 3.8~5.8
浸透圧比
(生理食塩液対比)
1.0~1.2
外観 黄色~帯緑黄色の澄明な液

取り扱い上の注意事項

規制区分 処方箋医薬品
貯法 室温保存
使用期限(有効期間) 3年
備考

承認/薬価基準収載情報

承認年月 2010.10.27
承認番号 22200AMX00962
薬価基準収載年月日 2010.12.10
薬価 4,044.00
発売年月日 2011.01.11
再審査結果通知年月日 2018.03.29
再評価結果通知年月日

製品コード

規格単位

薬価基準収載
医薬品コード
6241402G1024 レセプト電算
処理コード
622030201
日本標準商品
分類番号
876241 識別コード

包装容量[100mL×10袋]

統一商品コード 081127900  
販売包装
単位コード
(GS1 Databar)
14987081127907 調剤包装
単位コード
(GS1 Databar)
04987081715763
元梱包装
単位コード
24987081127904 HOTコード
(13桁)
1203028010101
コード一覧
すべての製品のコード一覧をダウンロードしてご利用いただけます。

「クラビット点滴静注500mg/20mL」の基本情報

薬効分類名 ニューキノロン系注射用抗菌製剤
一般名 レボフロキサシン水和物
pH 3.8~5.8
浸透圧比
(生理食塩液対比)
約0.9注)
注)本品20mLを生理食塩液80mLで希釈時。なお、希釈しない場合、本品の浸透圧比は約0.3である。
外観 黄色~帯緑黄色の澄明な液

取り扱い上の注意事項

規制区分 処方箋医薬品
貯法 室温保存
使用期限(有効期間) 3年
備考

承認/薬価基準収載情報

承認年月 2010.10.27
承認番号 22200AMX00963
薬価基準収載年月日 2010.12.10
薬価 4,080.00
発売年月日 2011.01.11
再審査結果通知年月日 2018.03.29
再評価結果通知年月日

製品コード

規格単位

薬価基準収載
医薬品コード
6241402A1021 レセプト電算
処理コード
622030301
日本標準商品
分類番号
876241 識別コード

包装容量[20mL×1バイアル]

統一商品コード 081127955  
販売包装
単位コード
(GS1 Databar)
14987081127952 調剤包装
単位コード
(GS1 Databar)
04987081715756
元梱包装
単位コード
24987081127959 HOTコード
(13桁)
1203035010101
コード一覧
すべての製品のコード一覧をダウンロードしてご利用いただけます。

添付文書一括ダウンロード

こちらから製品の添付文書をまとめてダウンロードしてご利用いただけます。

お問い合わせ(医療関係者の皆さま)

製品情報センター

0120-189-132

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7183 FAX:03-6225-1922

がん・医療用麻薬専用

0120-065-132

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7162 FAX:03-6225-1922

夜間・休日 緊急時のお問い合わせ/製品情報センター受付時間外の緊急性を要するお問い合わせ

0120-088-132

日本中毒情報センター第一三共受付

受付時間:平日午後5時30分~翌午前9時00分及び土、日、祝日、当社休日