製品資料

安全性情報

製品資料(外部サイト)

  • 使用期限検索
  • くすりのしおり

ジアグノグリーン注射用25mgに関するお知らせ

警告と禁忌について

2. 禁忌(次の患者には投与しないこと)

  • 2.1本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 2.2ヨード過敏症の既往歴のある患者[本剤はヨウ素を含有しているため、ヨード過敏症を起こすおそれがある。]

効能又は効果

  • ○肝機能検査(血漿消失率、血中停滞率及び肝血流量測定)
  • 肝疾患の診断、予後治癒の判定
  • ○循環機能検査(心拍出量、平均循環時間又は異常血流量の測定)
  • 心臓血管系疾患の診断
  • ○血管及び組織の血流評価
  • ○次の疾患におけるセンチネルリンパ節の同定
  • 乳癌、悪性黒色腫

用法及び用量

効能又は効果 用法及び用量
肝機能検査 〈血漿消失率測定及び血中停滞率測定の場合〉
インドシアニングリーンとして体重1kg当たり0.5mgに相当する量を注射用水で5mg/mL程度に希釈し、肘静脈より30秒以内に症状に注意しながら徐々に静脈内投与する。
〈肝血流量測定の場合〉
インドシアニングリーンとして25mgをできるだけ少量の注射用水に溶かした後、生理食塩液で2.5~5mg/mLの濃度に希釈し、インドシアニングリーンとして3mgに相当する上記溶液を静脈内投与する。その後引き続き0.27~0.49mg/分の割合で約50分間採血が終るまで一定速度で点滴静脈内投与する。
循環機能検査 目的に応じて心腔内より末梢静脈に至る種々の血管部位にインドシアニングリーンの溶液を注入するが通常前腕静脈から行う。成人1人当たり1回量はインドシアニングリーン5~10mg、すなわち1~2mL程度で、小児は体重に応じて減量する。
血管及び組織の血流評価 インドシアニングリーンとして25mgを5~10mLの注射用水で溶解し、使用目的に応じて、通常0.04~0.3mg/kgを静脈内投与する。なお、脳神経外科手術時における脳血管の造影の場合には、インドシアニングリーンとして25mgを5mLの注射用水で溶解し、通常0.1~0.3mg/kgを静脈内投与する。
センチネルリンパ節の同定 乳癌のセンチネルリンパ節の同定においては、インドシアニングリーンとして25mgを5mLの注射用水で溶解し、通常5mL以下を悪性腫瘍近傍又は乳輪部の皮下に適宜分割して投与する。悪性黒色腫のセンチネルリンパ節の同定においては、インドシアニングリーンとして25mgを5mLの注射用水で溶解し、通常1mLを悪性腫瘍近傍の皮内数箇所に適宜分割して投与する。

基本情報

ジアグノグリーン注射用25mg

薬効分類名 肝・循環機能検査用薬
蛍光血管造影剤
センチネルリンパ節同定用薬
一般名 インドシアニングリーン
pH 5.0~7.0
注)‌本剤0.1gを水20mLに溶解したとき。
浸透圧比
(生理食塩液対比)
0.0~0.1
注)‌本剤1バイアルを注射用水5mLに溶解したとき。
外観 暗緑青色塊状
識別コード

取り扱い上の注意事項

規制区分 処方箋医薬品
貯法 室温保存
使用期限(有効期間) 3年
備考 外箱開封後は遮光して保存すること。

承認 / 薬価基準収載情報

承認年月 2008.03.27
承認番号 22000AMX01471
薬価基準収載年月日 2008.06.20
薬価 569.00
発売年月日 2008.06
再審査結果通知年月日
再評価結果通知年月日 1983.04.22

製品コード

規格単位

薬価基準収載
医薬品コード
7224400A1034 レセプト電算
処理コード
620007311
日本標準商品
分類番号
877224,877222,87729 識別コード

包装容量[10バイアル]

統一商品コード 081104215  
販売包装
単位コード
(GS1 Databar)
14987081104212 調剤包装
単位コード
(GS1 Databar)
04987081720705
元梱包装
単位コード
24987081104219 HOTコード
(13桁)
1119619020102