1. ホーム
  2. 製品情報
  3. フエロン注射用100万

製品情報 フエロン注射用100万 インターフェロン ベータ


フエロン注射用100万

製品資料

製品資料(外部サイト)

  • くすりのしおり(英文)

この製品について

警告
  • 本剤の投与により間質性肺炎,自殺企図があらわれることがあるので,「使用上の注意」に十分留意し,患者に対し副作用発現の可能性について十分説明すること。(「重大な副作用」の項参照:添付文書を参照)
禁忌
(次の患者には投与しないこと)
  • 自己免疫性肝炎の患者〔自己免疫性肝炎が増悪するおそれがある。〕
  • 小柴胡湯を投与中の患者(「相互作用」の項参照:添付文書を参照)
  • 本剤の成分及びウシ由来物質に対し,過敏症の既往歴のある患者
  • ワクチン等生物学的製剤に対し,過敏症の既往歴のある患者
効能・効果

膠芽腫,髄芽腫,星細胞腫,
皮膚悪性黒色腫,
HBe抗原陽性でかつDNAポリメラーゼ陽性のB型慢性活動性肝炎のウイルス血症の改善,
C型慢性肝炎におけるウイルス血症の改善,
リバビリンとの併用による以下のいずれかのC型慢性肝炎におけるウイルス血症の改善,
 (1)血中HCV-RNA量が高値の患者
 (2)インターフェロン製剤単独療法で無効の患者又はインターフェロン製剤単独療法後再燃した患者
C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善(HCVセログループ1の血中HCV-RNA量が高い場合を除く)

用法・用量
  • 膠芽腫,髄芽腫,星細胞腫
    局所投与
    添付溶解液の適量に溶解し,通常,成人は1日100万~600万国際単位を髄腔内(腫瘍内を含む)に投与する。なお年齢,症状により適宜増減する。
    点滴静注
    生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液等に溶解し,通常,成人は1日100万~600万国際単位を点滴静注する。なお年齢,症状により適宜増減する。
  • 皮膚悪性黒色腫
    添付溶解液の適量に溶解し,通常,成人は病巣あたり1日1回40万~80万国際単位を腫瘍内又はその周辺部に投与する。
    1日総投与量は100万~300万国際単位とする。なお腫瘍の大きさ,状態および年齢,症状により適宜増減する。
  • HBe抗原陽性でかつDNAポリメラーゼ陽性のB型慢性活動性肝炎のウイルス血症の改善
    静脈内投与又は点滴静注
    生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液等に溶解し,通常,成人は1回300万国際単位を初日1回,以後6日間1日1~2回,2週目より1日1回静脈内投与又は点滴静注する。
  • C型慢性肝炎におけるウイルス血症の改善
    静脈内投与又は点滴静注
    使用にあたっては,HCV―RNAが陽性であることを確認したうえで行う。
    生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液等に溶解し,通常,成人は1回300万~600万国際単位を1日1回連日静脈内投与又は点滴静注する。
  • リバビリンとの併用によるC型慢性肝炎におけるウイルス血症の改善
    静脈内投与又は点滴静注
    使用にあたっては,HCV―RNAが陽性であることを確認したうえで行う。
    生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液等に溶解し,通常,成人は1日600万国際単位で投与を開始し,投与後4週間までは連日,以後週3回静脈内投与又は点滴静注する。
  • C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善(HCVセログループ1の血中HCV-RNA量が高い場合を除く)
    静脈内投与又は点滴静注
    使用にあたっては,HCV―RNAが陽性であることを確認したうえで行う。
    生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液等に溶解し,通常,成人は1日600万国際単位で投与を開始し,投与後6週間までは1日300万~600万国際単位を連日,以後1日300万国際単位を週3回静脈内投与又は点滴静注する。
薬効分類名 天然型インターフェロン ベータ製剤
一般名 インターフェロン ベータ
pH 4.5~5.5
〔注1)添付溶解液(日本薬局方生理食塩液)1mLに溶解したとき〕
浸透圧比
(生理食塩液対比)
約1
〔注1)添付溶解液(日本薬局方生理食塩液)1mLに溶解したとき〕
取り扱い上の注意事項
規制区分 生物由来製品、劇薬、処方箋医薬品
貯法 冷所保存(凍結を避け、10℃以下に保存)
使用期限(有効期間) 3年
備考

このページのトップへ

承認/薬価基準収載情報

承認年月 2009.07.03
承認番号 22100AMX01811
薬価基準収載年月日 2009.09.25
薬価 7,242.00
発売年月日 2009.10
再審査結果通知年月日 1995.03.09/1999.03.03/2005.03.17/2011.03.25/2018.03.29
再評価結果通知年月日

このページのトップへ

製品コード

規格単位
薬価基準収載
医薬品コード
6399402D1058 レセプト電算
処理コード
621162801
日本標準商品
分類番号
876399 識別コード
包装容量[1バイアル]
統一商品コード 081100033  
販売包装
単位コード
(GS1 Databar)
14987081100030
調剤包装
単位コード
(GS1 Databar)
04987081742059
元梱包装
単位コード
24987081100037 HOTコード
(13桁)
1116281030102
コード一覧
すべての製品のコード一覧をダウンロードしてご利用いただけます。

このページのトップへ

ADOBE READER
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。

お問い合わせ(医療関係者の皆さま)

製品情報センター

0120-189-132

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7183 FAX:03-6225-1922

がん・医療用麻薬専用

0120-065-132

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7162 FAX:03-6225-1922

夜間・休日 緊急時のお問い合わせ
製品情報センター受付時間外の緊急性を要するお問い合わせ

0120-088-132

日本中毒情報センター第一三共受付

受付時間:平日午後5時30分~翌午前9時00分及び土、日、祝日、当社休日

製品に関するお問い合わせ / 医療関係者の皆さま

製品情報センター

0120-189-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7183
FAX:03-6225-1922

受付時間:
平日午前9時00分~午後5時30分
(土、日、祝日、当社休日除く)

がん・医療用麻薬専用

0120-065-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7162
FAX:03-6225-1922

受付時間:
平日午前9時00分~午後5時30分
(土、日、祝日、当社休日除く)


夜間・休日 緊急時のお問い合わせ / 製品情報センター受付時間外の緊急性を要するお問い合わせ

0120-088-132

日本中毒情報センター第一三共受付

受付時間:
平日午後5時30分~翌午前9時00分
及び土、日、祝日、当社休日

第一三共TV

会員登録で医療の最新ニュースから
良質なコンテンツまで
ご覧いただけます。
Medical Libraryは会員登録を行わなくても、国内の医療関係者様(医師、歯科医師、薬剤師、看護師等)を対象に、医療用医薬品を適正にご使用いただくための情報がご覧いただけます。 さらに、会員登録いただいた皆さまには「麻薬」に関する情報のほか、会員様限定の最新の医療情報に関するコンテンツを多数ご用意しています。
いますぐ新規会員登録

このページのトップへ