Q.腎機能障害患者さんにグレースビットを投与する場合の注意点、用法及び用量を教えてください。

A.

●腎機能障害患者さんに投与する場合の注意
腎機能が低下している患者さんでは、本剤の血中濃度が上昇するため、投与量、投与間隔を調節してください。
また、本剤の重大な副作用である低血糖(頻度不明)は、腎機能障害患者さんであらわれやすいです。

●用法及び用量
腎機能が低下している患者さんでは、本剤の血中濃度が上昇するため、投与量、投与間隔を調節してください。(表)

参考: 腎機能障害患者におけるシタフロキサシンの用法及び用量の目安
クレアチニンクリアランス
(CLcr)値(mL/min)
用法及び用量の目安
(体重60kgとした場合)
50≦CLcr 50mg1日2回又は100mg1日1回
30≦CLcr<50 50mg1日1回
10≦CLcr<30 1回50mgを48時間以上の間隔毎

引用文献:
グレースビット 添付文書

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。