Q.イナビル吸入粉末剤を、成人及び10歳以上の小児に対して予防投与する場合、40mg単回吸入と20mg1日1回2日間吸入の用法がありますが、どちらを推奨しますか?

A.

成人及び10歳以上の小児の予防について、40mg単回吸入と20mg1日1回2日間吸入を比較した臨床試験(J309)において、有効性はほぼ同様でした。また、安全性についても、40mg単回吸入と20mg1日1回2日間吸入に明確な差異は認めませんでした。

利便性の観点からは、特段の懸念がない場合は、単回吸入投与が選択されると考えられます。
一方、介護老人福祉施設等における使用のように、吸入に際して補助や指導が必要で、1容器の吸入に時間を要するような対象者に本剤を投与する場合は、2日に分けて投与することで補助者及び予防対象者さんの負担軽減が期待できるため、2回吸入投与が単回吸入投与よりも利便性に優れる場合もあると考えます。

引用文献:
イナビル吸入粉末剤20mg(予防)(用法・用量追加) 審査報告書 

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

関連がある質問