Q.リクシアナの開発の経緯について教えてください。

A.

リクシアナ(一般名:エドキサバントシル酸塩水和物)は、第一三共株式会社が創製した低分子の経口抗凝固剤です。血液凝固カスケードにおいて、活性化血液凝固第X因子(activatedcoagulationfactorX:FXa)はプロトロンビンからトロンビンを生成し、フィブリン形成を促進することにより血栓を形成します。本剤はこのFXaを選択的、可逆的かつ直接的に阻害することにより、血栓形成抑制作用を発現します。
当社は、経口投与可能なFXa阻害剤の開発を目指して化合物の探索研究を行い、選択的なFXa阻害剤であるエドキサバンを見いだしました。
その後、臨床開発を開始し、良好な忍容性、経口吸収性、及び抗凝固活性を確認しました。国内外で実施した臨床試験により、下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症の発症抑制に対する本剤の有効性及び安全性が検証されたことから製造販売承認申請を行い、2011年4月にリクシアナ錠15mg及び同錠30mgの承認を取得しました。
また、国内外で実施した臨床試験成績から、非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制、並びに静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症)の治療及び再発抑制に本剤の安全性及び有効性が示されました。これら疾患での日本人患者の推奨用法及び用量を裏付ける成績も得られたことから、効能又は効果及び用法及び用量に係る承認事項の一部変更承認申請を行い、2014年9月に承認を取得しました。さらに、この効能又は効果及び用法及び用量の追加に伴い、リクシアナ錠60mgの剤形追加申請を行い、承認を取得しました。
本剤が適応となる患者では脳卒中既往例や高齢者が多くみられ、通常の錠剤が飲みにくいなど、服薬アドヒアランスの低下が懸念されます。抗凝固療法における服薬アドヒアランスの低下は、血栓塞栓症の発症につながるため、服薬アドヒアランス向上に有用と考えられる口腔内崩壊錠(OD錠)が医療現場から要望されました。そこで、患者の服薬アドヒアランスと安定した治療効果の発現に有用であると判断し、リクシアナOD錠の剤形追加申請を行い、2017年8月に承認を取得しました。
高齢の心房細動患者では、経口抗凝固療法の出血リスクが非高齢の心房細動患者よりも高く、高齢の心房細動患者の一部には、脳卒中発症リスクが高いにもかかわらず、出血への懸念から標準治療である抗凝固療法が適切に実施されていない場合が少なからず存在しており、より出血リスクが低減された経口抗凝固療法が医療現場で望まれていました。国内で実施した臨床試験成績から、80歳以上で出血リスクが高く既存の経口抗凝固薬を承認された用法及び用量で投与することが困難な非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制に、本剤15mg1日1回投与の有効性及び安全性が確認されたことから、リクシアナ錠15mg及びリクシアナOD錠15mgの用法及び用量に係る承認事項の一部変更承認申請を行い、2021年8月に承認を取得しました。

※:膝関節全置換術、股関節全置換術、股関節骨折手術

引用文献:
インタビューフォーム

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。