Q.リクシアナを投与中の患者さんでPTやPT-INR、APTTは薬効をモニタリングする指標になりますか?

A.

PT-INRやAPTT等の通常の凝固能検査は、リクシアナの薬効をモニタリングする指標とはなりません 1)
リクシアナの投与により、血中濃度の推移に相関したPT及びPT-INR、APTTの延長が認められますが 2)、有効性や出血リスクを評価できるような基準値は見出せていません。

添付文書の警告に記載しているとおり、リクシアナの投与中は、血液凝固に関する検査値のみならず、出血や貧血等の徴候を十分に観察し、これらの徴候が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行ってください 1)

引用文献:
1)リクシアナ錠、リクシアナOD錠 添付文書
2) Ogata K et al.:J Clin Pharmacol. 2010;50(7):743-753.

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。