Q.リクシアナは、いつまで投与すればよいのですか?(投与終了の指標はありますか?)
【下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症の発症抑制】で投与する場合

A.

患者さん個々で静脈血栓塞栓症の発症リスクや出血リスクは異なりますので、一律に投与期間の目安をご案内することは困難です。また、投与終了を判断する指標もありません。

添付文書「重要な基本的注意」には、次の記載があります。

〈下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症の発症抑制〉
8.7 原則として、術後の入院中に限って使用すること。
8.8 本剤の投与期間については、患者個々の静脈血栓塞栓症及び出血のリスクを考慮して決定すべきであり、静脈血栓塞栓症のリスク低下後に漫然と継続投与しないこと。なお、国内臨床試験において、下肢整形外科手術施行患者を対象として15日間以上投与した場合の有効性及び安全性は検討されていない。

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。