Q.P糖蛋白阻害作用のある薬剤を頓服する場合でも、リクシアナの減量は必要ですか?

A.

頓服であるかどうかにかかわらず、添付文書の規定どおりに減量または減量を考慮してください。

●リクシアナを非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制や、静脈血栓塞栓症の治療及び再発抑制の目的で服用している場合
キニジン硫酸塩水和物、ベラパミル塩酸塩、エリスロマイシン、シクロスポリンを併用する場合には、リクシアナの投与量を30mgに減量してください。
また、先に挙げた4剤以外のアジスロマイシンやクラリスロマイシンなどのP糖蛋白阻害作用を有する薬剤を併用する場合には、治療上の有益性と危険性を十分に考慮し、リクシアナとの併用が適切と判断される患者にのみ併用してください。加えて、併用する場合には、リクシアナの投与量を30mgに減量することを考慮してください。

●リクシアナを下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症の発症抑制の目的で服用している場合
リクシアナの投与量を15mgに減量することを考慮してください。

※:アジスロマイシン、クラリスロマイシン、イトラコナゾール、ジルチアゼム、アミオダロン塩酸塩、HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル等)等

引用文献:
リクシアナ錠、リクシアナOD錠 添付文書

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。