Q.潰瘍性大腸炎患者さんにロキソニン錠・細粒を投与する場合の注意点を教えてください。

A.

●潰瘍性大腸炎の患者さんに投与する場合の注意
病態を悪化させることがあります。 1)

クローン病、潰瘍性大腸炎はともに炎症性腸疾患であり、NSAID投与はプロスタグランジン生合成を抑制し、粘膜防御機構を脆弱にすることにより病態を悪化させるおそれがあります。 2)

引用文献:
1)ロキソニン錠・細粒 添付文書
2)ロキソニン錠・細粒 インタビューフォーム

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。