Q.ロキソニン外用剤の効果持続時間はどれくらいですか?(ロキソニンパップ、ロキソニンテープ、ロキソニンゲル)

A.

ロキソニン外用剤として効果持続時間を検討したデータはありません。

(参考)
【ロキソニンパップ・テープ】
ロキソニンパップの変形性関節症、筋肉痛、外傷後の腫脹・疼痛患者に対するロキソニン錠対象の第Ⅲ相臨床試験では、ロキソニンパップを1日1回(夕方:入浴後又は就寝前)貼付した時、ロキソニン錠60mg(1回1錠、1日3回)投与群との非劣性が示されております1)
このことから、ロキソニンパップは、1日1回貼付で24時間効果が持続すると考えられます。
なお、ロキソニンテープについては、ロキソニンパップとの生物学的同等性が認められています。

【ロキソニンゲル】
ロキソニンゲルの用法・用量は「症状により、適量を1日数回患部に塗擦する。」こととなっており、ロキソニンパップとの比較では、塗布6時間後の角層中ロキソプロフェン量を定量した結果、生物学的に同等であることが確認されています。


引用文献:
1)ロキソニンパップ 審査報告書

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

関連がある質問