Q.ロキソニン外用剤の喘息のある患者さんへの投与について教えてください。(ロキソニンパップ、ロキソニンテープ、ロキソニンゲル)

A.

アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者さんは禁忌です。
喘息発作を誘発することがあるため、使用しないでください。

また、気管支喘息の患者さんは慎重投与です。
病態を悪化させることがあるため、慎重に使用してください。

〈慎重投与の解説〉
NSAIDsの一般的注意事項として設定しています。
成人喘息患者さんの約10%はアスピリン様の薬効をもつNSAIDsの内服や注射、坐剤の使用直後から1時間程度までの間に喘息発作を起こします。
時に意識障害を伴うほどの大発作となり、死亡例もあります。NSAIDsを含んだ貼付剤、塗布剤、点眼薬による発作は、一般的には軽く、症状発現も遅いですが、気管支喘息患者さんには慎重に使用する必要があります。

引用文献:
ロキソニンパップ・テープ、ロキソニンゲル インタビューフォーム

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。