Q.メマリーの特徴について教えてください。

A.

メマリーの特徴を紹介します。

1.NMDA 受容体拮抗を作用機序(in vitro)とする中等度及び高度アルツハイマー型認知症治療剤です。

2.過剰なグルタミン酸によるNMDA 受容体の活性化を抑制することにより、神経細胞保護作用(ラット、in vitro)及び記憶・学習機能障害抑制作用(ラット)を有します。

3.認知機能障害の進行を抑制し、言語、注意、実行及び視空間能力等の悪化の進行を抑制します。

4.攻撃性、行動障害等の行動・心理症状の進行を抑制します。

5.薬物代謝酵素P450(CYP1A2、CYP2A6、CYP2B6、CYP2C9、CYP2C19、CYP2D6、CYP2E1、CYP3A4)による代謝の影響を受けにくい薬剤です(in vitro)。

6.メマリーOD錠は水なしでも服用可能な剤形であり、メマリー錠との生物学的同等性が確認されています。

7.メマリードライシロップは、水に懸濁して服用又は粉末のまま水とともに服用のいずれの服用方法も可能な剤形であり、メマリー錠との生物学的同等性が確認されてます。

8.重大な副作用としては、痙攣、失神、意識消失、精神症状(激越、攻撃性、妄想、幻覚、錯乱、せん妄)、肝機能障害、黄疸、横紋筋融解症があらわれることがあります。

引用文献:
メマリー インタビューフォーム

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。