Q.ミネブロの腎機能障害患者さんへの投与について教えてください。

A.

重度の腎機能障害(eGFR30mL/min/1.73m2未満)のある患者さんは禁忌です。
重度の腎機能障害のある患者さんに対する注意として、次の2点があります。
●高カリウム血症を誘発させるおそれがあります。
●重度の腎機能障害のある患者さんを対象とした臨床試験は実施していません。

中等度の腎機能障害(eGFR30mL/min/1.73m2以上60mL/min/1.73m2未満)のある患者さんに対する注意として、次の2点があります。
●より頻回に血清カリウム値を測定してください。
●高カリウム血症の発現リスクが高まるおそれがあります。

なお、中等度の腎機能障害のある患者さん及びアルブミン尿又は蛋白尿を伴う糖尿病患者さんでは、1.25mgを1日1回投与から開始してください。血清カリウム値など患者さんの状態に応じて、投与開始から4週間以降を目安に2.5mgを1日1回投与へ増量します。効果不十分な場合は、5mgまで増量することができます。

また、血清カリウム値は原則として投与開始前及び投与開始後(又は用量調節後)2週以内の測定、その後も定期的な測定をお願いしていますが、中等度の腎機能障害のある患者さん、アルブミン尿又は蛋白尿を伴う糖尿病患者さん、高齢の患者さん、高カリウム血症を誘発しやすい薬剤を併用している患者さんでは、高カリウム血症の発現リスクが高まるおそれがあるため、より頻回に測定してください。

引用文献:
ミネブロ 添付文書

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

関連がある質問