Q.ミネブロのCYPを介した相互作用について教えてください。

A.

In vitro代謝試験から、ミネブロはCYP3A4/5及び複数のUGT分子種により代謝されることが示されています1)

そのため、強いCYP3A阻害剤、強いCYP3A誘導剤※※は併用注意とされています。
※ 強いCYP3A阻害剤:イトラコナゾール、クラリスロマイシン、サキナビル等
※※ 強いCYP3A誘導剤:リファンピシン、フェニトイン、カルバマゼピン等、セイヨウオトギリソウ(St. John’s Wort、セント・ジョーンズ・ワート)含有食品

強いCYP3A阻害剤は本剤の代謝を阻害するため、本剤の血漿中濃度が上昇し、血清カリウム値の上昇を誘発するおそれがあります。
強いCYP3A誘導剤は本剤の代謝を促進するため、本剤の血漿中濃度が減少し、作用が減弱するおそれがあります。

なお、ミネブロの定常状態におけるAUCに大きな影響を及ぼす共変量は、イトラコナゾールの併用とリファンピシンの併用でした。これらの影響の大きさは個別のDDI試験(イトラコナゾールDDI試験、ジゴキシン・リファンピシンDDI試験)の結果と概ね一致していました2)

引用文献:
1)ミネブロ 添付文書
2)ミネブロ インタビューフォーム

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

関連がある質問