1. ホーム
  2. 製品情報
  3. オムニパーク240注100mL(尿路・血管用)バイアル製剤

製品情報 オムニパーク240注100mL(尿路・血管用)バイアル製剤 イオヘキソール


製品資料

製品資料(外部サイト)

  • くすりのしおり(英文)

製品に関するお知らせ

『使用上の注意』改訂・解説等(再審査・再評価結果/適正使用のお願い/投薬期間制限解除 等)
包装変更その他(新発売/販売中止/販売名変更/その他)

このページのトップへ

この製品について

警告
  • ショック等の重篤な副作用があらわれることがある。
  • 本剤は尿路・血管用造影剤であり、特に高濃度製剤(350mgI/mL:オムニパーク350注)については、脳・脊髄腔内に投与すると重篤な副作用が発現するおそれがあるので、脳槽・脊髄造影には使用しないこと。
禁忌
(次の患者には投与しないこと)
  • ヨード又はヨード造影剤に過敏症の既往歴のある患者
  • 重篤な甲状腺疾患のある患者[ヨードが甲状腺に集積し、症状が悪化するおそれがある。]
原則禁忌
(次の患者には投与しないことを原則とするが、特に必要とする場合には慎重に投与すること)
  • 一般状態の極度に悪い患者
  • 気管支喘息のある患者[副作用の発現頻度が高いとの報告がある。]
  • 重篤な心障害のある患者[本剤投与により、血圧低下、不整脈、徐脈等の報告があり、重篤な心障害患者においては症状が悪化するおそれがある。]
  • 重篤な肝障害のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 重篤な腎障害(無尿等)のある患者[本剤の主たる排泄経路は腎臓であり、腎機能低下患者では排泄遅延から急性腎障害等、症状が悪化するおそれがある。]
  • マクログロブリン血症の患者[類薬において静脈性胆嚢造影で血液のゼラチン様変化をきたし、死亡したとの報告がある。]
  • 多発性骨髄腫の患者[多発性骨髄腫の患者で特に脱水症状のある場合、腎不全(無尿等)があらわれるおそれがある。]
  • テタニーのある患者[血中カルシウムの低下により、症状が悪化するおそれがある。]
  • 褐色細胞腫のある患者及びその疑いのある患者[血圧上昇、頻脈、不整脈等の発作が起こるおそれがあるので造影検査は避けること。やむを得ず造影検査を実施する場合には静脈確保の上、フェントラミンメシル酸塩等のα遮断薬及びプロプラノロール塩酸塩等のβ遮断薬の十分な量を用意するなど、これらの発作に対処できるよう十分な準備を行い、慎重に投与すること。]
効能・効果
  • オムニパーク140注
  • ディジタルX線撮影法による動脈性血管撮影
    コンピューター断層撮影における造影
  • オムニパーク240注
  • 四肢血管撮影
    コンピューター断層撮影における造影
    静脈性尿路撮影
  • オムニパーク300注
  • 脳血管撮影
    選択的血管撮影
    四肢血管撮影
    ディジタルX線撮影法による動脈性血管撮影
    ディジタルX線撮影法による静脈性血管撮影
    コンピューター断層撮影における造影
    静脈性尿路撮影
  • オムニパーク350注
  • 血管心臓撮影(肺動脈撮影を含む)
    大動脈撮影
    選択的血管撮影
    四肢血管撮影
    ディジタルX線撮影法による静脈性血管撮影
    コンピューター断層撮影における造影
    静脈性尿路撮影
    小児血管心臓撮影(肺動脈撮影を含む)
用法・用量
  • オムニパーク240注
  • 四肢血管撮影
    通常成人1回、25~50mL(ヨード含有量:6~12g)を使用する。
    なお、年齢、体重、症状、目的により適宜増減する。

    コンピューター断層撮影における造影
    通常成人1回、40~100mL(ヨード含有量:9.6~24g)を使用する。
    [50mL以上投与するときは通常点滴とする。]
    なお、年齢、体重、症状、目的により適宜増減する。

    静脈性尿路撮影
    通常成人1回、60~100mL(ヨード含有量:14.4~24g)を使用する。
    [60mL以上投与するときは通常点滴とする。]
    なお、年齢、体重、症状、目的により適宜増減する。
薬効分類名 非イオン性造影剤
一般名 イオヘキソール
pH 6.8~7.7
浸透圧比
(生理食塩液対比)
約2
外観 無色澄明の液
取り扱い上の注意事項
規制区分 処方箋医薬品
貯法 室温保存
使用期限(有効期間) 3年
備考

このページのトップへ

承認/薬価基準収載情報

承認年月 2017.10.18
承認番号 22100AMX01022
薬価基準収載年月日 2009.09.25
薬価 5,518.00
発売年月日 2018.01.15
再審査結果通知年月日 1994.09.08
再評価結果通知年月日

このページのトップへ

製品コード

規格単位
薬価基準収載
医薬品コード
7219415A7039 レセプト電算
処理コード
621187801
日本標準商品
分類番号
877219 識別コード
包装容量[100mL×5バイアル]
統一商品コード 081106585  
販売包装
単位コード
(GS1 Databar)
14987081106582
調剤包装
単位コード
(GS1 Databar)
04987081710010
元梱包装
単位コード
HOTコード
(13桁)
1118780020201
コード一覧
すべての製品のコード一覧をダウンロードしてご利用いただけます。

このページのトップへ

ADOBE READER
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。

お問い合わせ(医療関係者の皆さま)

製品情報センター

0120-189-132

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7183 FAX:03-6225-1922

がん・医療用麻薬専用

0120-065-132

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7162 FAX:03-6225-1922

夜間・休日 緊急時のお問い合わせ
製品情報センター受付時間外の緊急性を要するお問い合わせ

0120-088-132

日本中毒情報センター第一三共受付

受付時間:平日午後5時30分~翌午前9時00分及び土、日、祝日、当社休日

製品に関するお問い合わせ / 医療関係者の皆さま

製品情報センター

0120-189-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7183
FAX:03-6225-1922

受付時間:
平日午前9時00分~午後5時30分
(土、日、祝日、当社休日除く)

がん・医療用麻薬専用

0120-065-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7162
FAX:03-6225-1922

受付時間:
平日午前9時00分~午後5時30分
(土、日、祝日、当社休日除く)


夜間・休日 緊急時のお問い合わせ / 製品情報センター受付時間外の緊急性を要するお問い合わせ

0120-088-132

日本中毒情報センター第一三共受付

受付時間:
平日午後5時30分~翌午前9時00分
及び土、日、祝日、当社休日

第一三共TV

会員登録で医療の最新ニュースから
良質なコンテンツまで
ご覧いただけます。
Medical Libraryは会員登録を行わなくても、国内の医療関係者様(医師、歯科医師、薬剤師、看護師等)を対象に、医療用医薬品を適正にご使用いただくための情報がご覧いただけます。 さらに、会員登録いただいた皆さまには「麻薬」に関する情報のほか、会員様限定の最新の医療情報に関するコンテンツを多数ご用意しています。
いますぐ新規会員登録

このページのトップへ