製品資料

安全性情報

製品資料(外部サイト)

  • 使用期限検索
  • くすりのしおり

警告と禁忌について

禁忌(次の患者には投与しないこと)

  • 1.本剤の成分に対しアナフィラキシー又は過敏症の既往歴のある患者
  • 2.冠動脈硬化症 (心筋梗塞症、狭心症等) の患者[心筋虚血を延長させることがある。]
  • 3.急速な細胞外水分の増加が危険となるような病態 (心不全、喘息、妊娠高血圧症候群、片頭痛、てんかん等) のある患者[水中毒を起こすことにより、それらの病態を悪化させるおそれがある。]
  • 4.血中窒素貯留のある慢性腎炎の患者[水分貯留を起こすことにより、血中窒素の排泄が抑制されるおそれがある。]

効能又は効果

  • 下垂体性尿崩症、下垂体性又は腎性尿崩症の鑑別診断、腸内ガスの除去 (鼓腸、胆のう撮影の前処置、腎盂撮影の前処置)、食道静脈瘤出血の緊急処置

用法及び用量

  • 下垂体性尿崩症
  • 通常、成人にはバソプレシンとして1回2~10単位を必要に応じて1日2~3回皮下又は筋肉内注射する。なお、年齢、症状に応じ適宜増減する。
  • 下垂体性又は腎性尿崩症の鑑別診断
  • 通常、成人にはバソプレシンとして5~10単位を皮下又は筋肉内注射するか、0.1単位を静脈内注射し、その後尿量の減少が著しく、かつ尿比重が1.010以上にまで上昇すれば、バソプレシン反応性尿崩症が考えられる。なお、年齢、症状に応じ適宜増減する。
  • 腸内ガスの除去 (鼓腸、胆のう撮影の前処置、腎盂撮影の前処置)
  • 通常、成人にはバソプレシンとして5~10単位を皮下又は筋肉内注射する。なお、年齢、症状に応じ適宜増減する。
  • 食道静脈瘤出血の緊急処置
  • 通常、成人にはバソプレシンとして20単位を5%ブドウ糖液など100~200mLに混和し、0.1~0.4単位/分の注入速度で持続的に静脈内注射する。なお、年齢、症状に応じ適宜増減する。

基本情報

ピトレシン注射液20

薬効分類名 脳下垂体後葉ホルモン剤
一般名 合成バソプレシン
pH 3.0~4.0
浸透圧比
(生理食塩液対比)
約0.1
外観 無色澄明の液
識別コード

取り扱い上の注意事項

規制区分 処方箋医薬品
貯法 凍結を避け、冷所に保存
使用期限(有効期間) 3年
備考

承認 / 薬価基準収載情報

承認年月 2008.03.27
承認番号 22000AMX01517
薬価基準収載年月日 1959.11.01
薬価 638.0
発売年月日 2008.06
再審査結果通知年月日
再評価結果通知年月日 1978.03.24/1994.06.02

製品コード

規格単位

薬価基準収載
医薬品コード
2414402A1019 レセプト電算
処理コード
620009273
日本標準商品
分類番号
872414 識別コード

包装容量[1mL×10アンプル]

統一商品コード 081104819  
販売包装
単位コード
(GS1 Databar)
14987081104816 調剤包装
単位コード
(GS1 Databar)
04987081740604
元梱包装
単位コード
24987081104813 HOTコード
(13桁)
1051490010102