Q.関節リウマチ治療におけるプラリアの効能又は効果、用法及び用量について教えてください。

A.

【効能又は効果】
関節リウマチに伴う骨びらんの進行抑制

【効能又は効果に関連する注意】
(1)本剤は、メトトレキサート等の抗炎症作用を有する抗リウマチ薬による適切な治療を行っても、画像検査で骨びらんの進行が認められる場合に使用すること。
(2)臨床試験(投与期間:1年間)において、骨びらんの進行を抑制する効果は認められているが、関節症状又は身体機能を改善する効果、関節裂隙の狭小化を抑制する効果は認められていない。「臨床成績」の項の内容及び本剤が抗リウマチ薬の補助的な位置付けの薬剤であることを十分に理解した上で、適応患者を選択すること。

【用法及び用量】
関節リウマチに伴う骨びらんの進行抑制に使用する場合、
通常、成人にはデノスマブ(遺伝子組換え)として60㎎を6ヵ月に1回、皮下投与する。なお、6ヵ月に1回の投与においても、骨びらんの進行が認められる場合には、3ヵ月に1回、皮下投与することができる。

【用法及び用量に関連する注意】
メトトレキサート等の抗炎症作用を有する抗リウマチ薬と併用すること。
6ヵ月に1回の投与においても、関節の画像検査で骨びらんの進行が認められる場合には、併用する抗リウマチ薬の増量等、より適切な関節リウマチの治療への変更を検討し、本剤のベネフィットとリスクを勘案した上で、3ヵ月に1回の投与を考慮すること。

引用文献:
プラリア 添付文書

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。