Q.プラリアを関節リウマチ患者さんへ投与するうえで、関節破壊の臨床評価方法を教えてください。

A.

関節破壊の進行度を評価する方法として、旧来より単純X線が用いられ、更に定量的な評価・比較を行う目的で種々のスコアリングシステムが考案されています。近年では、関節超音波断層撮影(エコー)法や核磁気共鳴法(MRI)など、新たな機器を用いた評価法の発展が著しくなっています。また、骨代謝マーカー等の血清学的評価も臨床応用されています1)

引用文献:
1)田中良哉編:関節リウマチと骨粗鬆症 内科医が実践すべき診断と治療 2015:44-53, 医薬ジャーナル社

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。