Q.骨粗鬆症患者さんのプラリア投与中止による影響はありますか?

A.

骨粗鬆症患者さんにおいて、プラリア治療中止後、骨吸収が一過性に亢進し1)、多発性椎体骨折があらわれることがあるので2)、やむを得ずプラリアによる骨粗鬆症治療を中止する場合はベネフィットとリスクを考慮の上、他の骨吸収抑制薬の使用の考慮をお願いします。

引用文献:
1)Bone HG, et al.: J Clin Endocrinol Metab. 2011;96(4):972-980
2)Aubry-Rozier B, et al. :Osteoporos Int. 2016; 27(5): 1923-1925

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。