Q.がんの骨転移の疫学、病態、治療について教えてください。

A.

骨転移は、全世界で150万人以上、日本においても10~20万人のがん患者さんに発症しており、前立腺癌、乳癌、および肺癌で多く認められます。
骨転移の病態生理では、原発の癌種および溶骨性または造骨性病変にかかわらず、腫瘍と骨組織の間の相互作用(悪循環)によって、破骨細胞の活性が亢進し、骨吸収が異常亢進しています。
破骨細胞の活性化に伴う骨吸収の異常亢進による骨破壊は、骨折、骨痛、脊髄圧迫などの重大な合併症を引き起こします。
骨吸収の異常亢進の抑制は、腫瘍と骨組織との間の悪循環を断ち切り、骨転移患者さんにおける骨関連合併症の発現リスクを低下させると考えられます。

引用文献:
ランマーク 総合製品情報概要

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。