Q.レザルタスの過量投与時の症状と対処法について教えてください。

A.

レザルタス配合錠は、過量投与時の特有な症状や対処法については情報がありません。

有効成分のひとつであるオルメサルタンの過量投与時の症状は、臨床的に重要なものとして、(1)副交感神経が刺激が起きた場合の除脈、(2)低血圧、(3)頻脈があげられます。また、対処法は、低血圧を是正するなど一般的な対症療法や支持療法と記載されています1)

有効成分のひとつであるアゼルニジピンは、過量投与時の特有な症状や対処法については情報がありません。急性中毒標準診療ガイドにおける、カルシウム拮抗薬の中毒症状と対処法を参考にしてください。

<参考:急性中毒標準診療ガイド第3刷2)より>
カルシウム拮抗薬の中毒症状と対処法
中毒症状:治療に抵抗する血圧低下と徐脈が特色です。
対処法:拮抗剤、胃洗浄、活性炭投与、DHP*があります。
*DHP:(direct hemoperfusion):薬物中毒に対する活性炭カラムを用いた直接血液灌流による活性炭吸着療法

引用文献:
1)レザルタス配合錠 インタビューフォーム
2)日本中毒学会編:急性中毒標準診療ガイド第3刷 2016:427,じほう

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。