Q.レザルタスとアゾール系抗真菌剤との併用について教えてください。

A.

アゾール系抗真菌剤の経口剤および注射剤は併用禁忌です。
ただし、外用剤は併用禁忌に規定されておりません。

経口や注射のアゾール系抗真菌剤はCYP3A4を阻害し、アゼルニジピンのクリアランスが低下すると考えられています。イトラコナゾールとの併用によりアゼルニジピンのAUCが2.8倍に上昇することが報告されています1)

参考ですが、2017年4月の「使用上の注意改訂」2)により、「禁忌、併用禁忌」であった「アゾール系抗真菌剤」が、「アゾール系抗真菌剤(外用剤を除く)」に改訂となりました。
改訂理由は、従来アゾール系抗真菌剤との相互作用について、アゾール系抗真菌剤の投与経路は限定されていませんでしたが、外用剤は併用禁忌とならないことを明確にするため、外用剤を除く旨を追記しました。

なお、2020年1月の添付文書の新記載要領改訂に伴い、「アゾール系抗真菌剤(外用剤を除く)」が「アゾール系抗真菌剤(経口剤、注射剤)」となりました1)

引用文献:
1)レザルタス配合錠 添付文書
2)カルブロック錠・レザルタス配合錠 使用上の注意改訂のお知らせ(2017年4月)

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。