Q.レザルタスの透析患者さんへの投与について教えてください。

A.

透析患者を含む重篤な腎機能障害(血清クレアチニン値が3.0mg/dL以上)のある患者さんに関する注意は次のとおりです。

■重篤な腎機能障害(血清クレアチニン値が3.0mg/dL以上)のある患者さん
・重篤な腎機能障害のある患者さんを対象とした有効性及び安全性を検討する臨床試験は実施していません。
・腎機能を悪化させるおそれがあります。
■アリスキレンフマル酸塩との併用
・eGFRが60mL/min/1.73m2未満の腎機能障害のある患者さんは、治療上やむを得ないと判断される場合を除き、併用を避けてください。
■血清カリウム値
・腎機能障害により血清カリウム値が高くなりやすいため、血清カリウム値に注意してください。

なお、血液透析中の患者さんは一過性の急激な血圧低下を起こす恐れがあります。低用量から投与を開始し、増量する場合は徐々に行ってください。

引用文献:
レザルタス配合錠 添付文書

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。