Q.リファジンによるCYP誘導作用が発現・消失するまでの期間について教えてください。

A.

リファンピシン(RFP)によるCYP誘導作用の発現に関して、RFP併用2日後よりコルチゾール代謝物に影響がみられるという海外の報告1)があります。

また、RFPによるCYP誘導作用の消失に関して、コルチゾール代謝物への影響はRFP投与終了後14日以内に消失したという海外の報告1)及びメトプロロールの平均血漿濃度への影響は15日目に消失したという海外の報告2)があります。
一方で、アンチピリンの平均血漿濃度への影響は、RFP投与終了後13日目でも併用薬の血漿中濃度に影響が残るという海外の報告2)もあります。

引用文献:
1)Park BK:Br J Clin Pharmacol 1981;12(2):97-102
2)Bennett PN, et al.:Br J Clin Pharmacol 1982;13(3):387-391

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

関連がある質問