Q.トポテシンをA法、B法は500mL以上、C法は250mL以上の輸液で点滴静注する理由を教えてください。

A.

開発時、時間をかけて投与するため、一般的な方法を参考に90分以上投与の場合は500mL、60分以上の場合は250mLに輸液の量を設定しました。

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。