Q.UGT1A1遺伝子多型検査の結果、トポテシンの副作用が強く出やすいタイプ(ハイリスク群)であった場合の投与量を教えてください。

A.

現時点では、ハイリスク群に対するトポテシンの投与量に関する明確なエビデンスはありません。

米国のイリノテカン(Camptosar®)の添付文書には、「UGT1A1*28 アレルがホモ接合体であると判明している患者には、イリノテカンの開始用量を少なくとも1レベル下げるように考慮すべきである」と明記されています。ただし、「UGT1A1*28 のホモ接合体を持つ患者集団に対して正確にどのくらい減量すべきかは不明」とも書かれています。

引用文献:
適正使用のお願い「UGT1A1*6 及びUGT1A1*28 をもつ場合のご注意」[TOP7AT1206]

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。