Q.イエスカルタの臨床試験における主な副作用、臨床検査値異常を教えてください。

A.

海外第Ⅰ/Ⅱ相試験及び国内第Ⅱ相試験におけるイエスカルタの主な副作用はそれぞれ以下の通りです。

海外第Ⅰ/Ⅱ相試験において、本品が投与された108例中107例(99%)に副作用が認められました。主な副作用はサイトカイン放出症候群(93%)、脳症(57%)、疲労(30%)、振戦(28%)、発熱(25%)等でした。
国内第Ⅱ相試験において、本品が投与された16例中16例(100%)に副作用が認められました。主な副作用は、サイトカイン放出症候群13例(81%)、臨床検査値異常は好中球数減少及び血小板数減少各7 例(44%)等でした。 (承認時までの集計)

引用文献:
イエスカルタ 添付文書

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

関連がある質問