1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. 情報誌
  4. CoDoC(COMMUNITY DOCTOR)
  5. 2020年度 Vol.2

CoDoC(COMMUNITY DOCTOR) 2020年度 Vol.2

CoDoC(COMMUNITY DOCTOR) 2020年度 Vol.2

コミュニティーに貢献するドクターのための情報誌として創刊しました。診療所医師の幅広いニーズに対応する取り組み事例等を紹介しています。

内容のご案内

特集 ワンランクアップ診療 Q&A

脳卒中診療の地域連携とかかりつけ医が担う役割

橋本 洋一郎 先生(熊本市民病院 首席診療部長(脳神経内科 科長))
熊本方式と呼ばれる切れ目のない地域完結型脳卒中診療ネットワークの構築に尽力されてきた橋本洋一郎先生にご解説頂きました。

CoDoC探訪

地域の寝たきりゼロを実現するために

川瀬 幸典 先生(はしもと内科 理事長・統括院長)
寝たきり患者さんをなくすことを目標に掲げ、予防医学から専門医療、リハビリ、介護、在宅医療まで包括的なサポート体制を構築する
川瀬幸典先生にお話を伺いました。

循環器医療の地域完結をめざす

黄 恬瑩 先生(鹿嶋ハートクリニック 理事長・最高責任者)
地域の患者さんのために機能強化を続け、専門医育成にも取り組む黄恬瑩先生にお話を伺いました。

スキルアップ講座

COVID-19感染を疑う際のポイント

中山 久仁子 先生(マイファミリークリニック蒲郡 理事長/院長)
外来診療においてCOVID-19感染を疑う際の対応のポイントや流れ、療養者へのフォローなどについてご解説頂きました。

マネジメントPLUS

自分たち独自の価値を確立する

北島 明佳 先生(元気会横浜病院 理事長)
院長・医師が知っておきたいよりよい診療所を作り上げる経営手法について、今回は次の段階へ進むフェーズ3のポイントをご解説頂きました。

スキルアップ講座 2020年度Extra2

スタッフの健康管理、在宅医療のポイント

中山 久仁子 先生(マイファミリークリニック蒲郡 理事長/院長)
最終回となる今回は、診療所スタッフの健康管理や在宅医療におけるポイントなどを解説を頂きました。

マネジメントPLUS 2020年度Extra2

独自価値の伝達とPDCAの進化

北島 明佳 先生(元気会横浜病院 理事長)
最終回となる今回は、組織変革のフェーズ4へのステップアップをめざして、
自院の独自価値を伝えることの重要性と、PDCAサイクルを進化させるポイントなどについて解説を頂きました。

冊子をご入用の際は、弊社医薬情報担当者(MR)にお申し付けください。

事業所一覧

※バックナンバーの在庫には限りがございますので、ご了承ください。なお、誌面は、PDFでも閲覧いただくことができますので、在庫切れの際は、PDFをご利用くださいますようお願い申し上げます。